2012年6月15日金曜日

arflex新作発表会


昨日は、
arflexの新作発表会に
お邪魔しました。



昨年の発表会で、
「若返ったな~」と思いましたが、
今年の新作はさらに
より使い勝手の良さであったり、
サイズ感、
そして素材感を追求した
家具が揃っていました。


無垢材のダイニングテーブルLENO
無垢の風合いはそのままに、ウレタン塗装を施すことで
より扱いやすくなっています。
写真はウォールナット材



チェアは
30代の若手デザイナーによるJK
こちらは、座面がカバーリングになっていて
取り外し可能。
布でも皮の場合でも
簡単に外せるようになっています。
W.580 D.490 H.710 SH.445
と比較的コンパクトでありながら
座り心地は抜群でした。


ソファは2点

OLTANO
斜めにカットされた座面の形状は、
隣に座った人と自然に向い合い
会話ができるしかけ。


MIO
ライフスタイルや間取りの変化にも、
たまにムショウに模様替えしたくなる…
なんて衝動にも
柔軟に対応できるシステムソファです。



他にも
比較的お手頃価格のパーソナルチェア
PERCH
ニュアンスのある
トゥープ色の皮が素敵でした。
布の場合はカバーの取り外し可能。




昨年に続き今年もまた、
会社の、そしてスタッフの方々の強い情熱を感じました。

今後がますます楽しみです!



2012年6月11日月曜日

晴れた日曜日は




梅雨入り宣言の翌日、
曇りのち雨の天気予報を裏切り、
奇跡的に晴れてくれた昨日は、
朝から撮影でした。





インテリアも車も
古いものを愛する奥さま。
お気に入りの北欧ヴィンテージの
ホウロウのやかんを空焚きしてしまったことから、
同じものをさらに3つも購入し、
自宅には、色もカタチも同じやかんが
4つありました。
同じやかんが4つもある家なんて、
さすがに初めてでしたが(笑)、
何となくその気持ちもわかるな…と。
ヴィンテージには、
壊れてしまったら、すぐには補充がきかない
すぐには手に入らないという脅迫観念が伴いますね。




これまで、私自身は北欧の古いものに
あまり目が向かなかったのですが、
昨日の撮影で、
色も柄も美しい
ヴィンテージの北欧食器が並んだテーブルを見て、
「あ~やっぱり北欧の人たちは、
日々の暮らしを楽しくする術を、昔から熟知していたんだな~」と
改めて思いました。





帰宅後、ひと足先に久々の北米出張から帰宅していた夫のお土産は
相変わらずこちら
すっかり薄くなって、
写真もCGみたいだし、
唯一目を惹いたのは、
ジョナサン・アドラーとパートナーの別荘くらい。
一瞬
「えっ?ジョナサン・アドラーのパートナーって変わっちゃったの!?」
って思いましたが、お髭が生えてただけでした(笑)。





って
雑誌を見て、読んで、下さる方々に思われないよう、
私も精進しなきゃ(汗)。


2012年6月6日水曜日

パウダールーム考


バスグッズを扱う某企業のショップの冊子で
パウダールームを演出する方法について
書かせて頂きました。



パウダールームにまつわる
小物やタオル類は
大好き。



海外に行くと必ずそのたぐいのお店を見つけては、
のぞいていましたが、
最近では日本でも素敵なものが見つかるように
なりましたね。




ずっと探しているのは
洗面台に置く時計と
洗濯するものを入れるバスケット。
(ランドリーバスケットではなくて)




現在、時計は、
はるか昔の結婚式に、わざわざアメリカから駆けつけて下さった
主人のお仕事仲間から頂いたもので
代用しています。
これはこれで好きなのですが、
他がぜ~んぶシルバーなもので、
できればシルバーの時計をと。
いざ探してみるとなかなか見つからないものですね。



いつか
パウダールームにまつわる小物を
作ってみたい~(笑)