2011年7月20日水曜日

水草のバスケット

お世話になった方から、
素敵なご案内状を頂いたので
週末「shop281に行ってみました。



料理家の有元葉子さんが
イギリスの田舎で出会ったという水草を編んだバスケット。
1人の女性が小川から水草を刈り取って編んでいるものだとか。
店内は青々とした草の香りでいっぱい。
ゴツゴツとした素朴で味わいのある手編みの
バッグやマット、
子供がすっぽり入りそうな
リネンバスケットなどもありました。


私は革の取っ手つきの大きなトレイを連れて帰ってくることに(-_-;)


水で洗えるので、直接食べ物をのせても大丈夫だそう。
こんなふうにリネンやカトラリーを置いたり、グラスを置いたり
フルーツや野菜を置いても。
恐らく本来は、花摘みカゴ的なものなのだと思いますが、
我が家には摘めるほどの花が咲く庭もありませんので、
例によって使い方はこれから考えま~す。

今はまだ、青々としていますが、
年月が経て、焼けていくと黄金色になっていくそうで、
その変化が楽しみです。



今後は、有元葉子さんのHP上でも
販売していくかも?とのことでした。

0 件のコメント: