2011年6月18日土曜日

新作発表会@アルフレックス

若々しく軽やかに生まれ変わった
アルフレックスの新作発表会に
行ってきました。

テーマは「Smart」
都会に住む35歳~45歳くらいの人の暮らしを
イメージし、デザインされた新作家具です。
(写真が見難くてゴメンナサイ!)
こちら、40代前半のデザイナー
藤森泰司氏による
チェアー「RINN」とテーブル「RITA」
チェアーのシートはカバーリング仕様なので
気軽に洗濯や取り替えが可能です。
チェアーは5万円台~

新作ソファのVELATO
(画像はお借りしたものです)
都会の住宅事情に合わせ、
奥行き87cmとコンパクトながら、
座り心地はゆったり、硬すぎず柔らか過ぎず快適です。
写真のように脚までファブリック仕様にすることも可能。
サンダーソン社の1950年代の復刻ファブリック(これ、かなり新鮮です!)
のクッションと合わせた
ディスプレイも素敵でしたよ。

(画像はお借りしたものです) 
ソファ前テーブルの「POZZO」
円形の部分に、
iPadや携帯電話のケーブルを通す穴が付いているので、
機器類を充電したり、使いながら、テーブル上をすっきり
させることができます。
カタチを変え、変化する家具だとか。

そして、個人的にとても気になっていたのがこちら
名作「MARENCO」の40周年を記念し、
発表されたスペシャルバージョン。
26色のファブリックから好きな色を組み合わせられるそう。
雑誌等で見て以来、
こげ茶とかトープとかパープルを組み合わせて作ったら、
可愛いだろうな~と妄想していたのですが、
実物もやっぱり可愛い!
欲しいな~(笑)
こちらは、今年の12月29日までの限定販売です。


もちろん、しっとりと落ち着いた
ラグジュアリーなラインも健在です。

アルフレックスは
クオリティの高さ、メンテナンスの良さはもちろん、
搬入の方々の仕事ぶりまで含め
信頼でき、長く付き合える家具・家具メーカー
だと思います。
その良さをしっかりと残しつつ
時代に即し、軽やかに変化し続ける
新生アルフレックスに注目です。


0 件のコメント: