2011年4月17日日曜日

ナイスガイたち

一昨日、仕事仲間でバンコク在住の
カメラマンの青年からメールが

「被災地にボランティア行くために明日、帰国します」
とのこと。
彼の仲間でハワイ在住のサーファー青年が、
先週、被災地にボランティアに行き、
そのあまりの被害の大きさ、深刻さと、
避難所の被災者の方々の置かれている状況の格差に驚き、
改めて準備をして、再び今日から被災地に向かうことに。
それに同行し、ボランティアをするために
急遽帰国を決めたとか。

南相馬市で、毎日カップラーメンやレトルトカレーばかり
召し上がっている被災者の方々の栄養状態を心配し、
今回は、茅ヶ崎からフルーツを、和歌山から新鮮な魚と野菜を
持って行くことにしたとか。

私も、ほんのわずかでも協力できたらと
あわてて昨日、苺農家をはしごし、
茅ヶ崎に苺を4パック×10箱、
届けてきました。
うち1箱は、苺農家の方がボランティアの方にと
下さったものです。

私にまで、1パック下さいました。大きくて、めちゃ甘い~!

届け先の茅ヶ崎のサーフショップには
かなりの量のフルーツが集まっていたようなので、
無事積めたのかしら?
傷みやすい苺なんか持って行って
かえって、ご迷惑になったのでは?
と思いましたが、
ブログに、なんとか全部積めたと
書かれていたので、大丈夫だったのかな?
無農薬の苺なので、水がなくても
洗わずにそのまま食べて頂けるかな?と
思ったもので...

彼らの思い、集まったフルーツ、積み込みの様子などが書かれたブログはこちら

遠くハワイやバンコクから、もちろん日本からも
被災地に物資を運び、ボランティアをして下さるナイスガイたちに
エールを送ります。
ありがとう!お気をつけて

0 件のコメント: