2011年3月20日日曜日

電気を消した夜に

地震で割れてしまったアロマキャンドル
ガラス部分を外し
火を灯して使っていましたが、
途中で崩れてしまいました。

一昨日の夜は、崩れたロウを集めて湯せんをし、
ガラスの器に入れ
タコ糸を割り箸で挟んで垂らして
再びキャンドルに

キャンドルを再生させながら、
がれきの山となってしまった被災地が
1日も早く再生しますよう...
と願いました。

昨夜は18年ぶりに月が地球に近づき
いつもより大きく、
数十パーセントも明るく見える
Super Moon
の夜だったそうです。

空を見上げたら
電球のように明るい月が煌々と。

こんな夜に東京消防庁の方々は
夜を徹しての放水作業だったのですね...
ありがとうございました。

電気を消して過ごす夜は、
今まで見えなかった、気付かなかったことも
見えてきます。

0 件のコメント: