2011年2月23日水曜日

My Favorite Things 1 続き

しつこく!?
タオル話の続きです。

私の中でのタオルブームもすっかり冷めていた一昨年、
某雑誌別冊でタオルの撮影をすることに。
久しぶりにタオルについて調べてみたところ、
今治タオルを中心とした日本製タオルの
質の良さとバリエーションにビックリ!

「タオルはエジプト綿100%のものに限る」

という勝手な持論に激震が走りました。
その撮影では急遽、日本製のタオルばかりを取り上げることに。

その時、触ってみて「これは!」と思ったのが

ピマ綿を使った「ダイアログ・イン・ザ・ダーク・タオル」
枯葉剤不使用の完熟綿を使った「ふわふわタオル」

異常なマイブームのお陰で、相当量のタオルストックのある我が家では、
新しいタオルを購入する必要性がなく、未だ購入に至っていないため、
洗濯後の使用感が確認できておりませんが、
新品の触り心地は抜群でした。
でもタオルは洗った後が命!
早く試したい~と、オタク魂が再び..
次は、今治タオルを購入予定です。

タオルは触り心地も重要ですが、見た目も大切(どっちだよ(笑))。

昨年引っ越した新居で活躍し始めた、ビジュアル採用組がこちら
ベージュ基調のパウダールームにぴったりと、引っ張り出されました。


ParisのBain Plusというショップのものです。
下から、バスマット、バスマット、フェイスタオルです。

「どんな素敵なお店だろう?」と 
Parisに行った際に、一人でブラブラとお店を覗いてみたことがあります。
「えっここ?」
すっごく洒落たインテリアショップを想像していたので、拍子抜け!
「日用雑貨店...?」
でも、よく見ると置いてあるものはやっぱりお洒落。
フツーのものが洗練されている
フランスの奥深さを感じました。

私は、鵠沼にある「ムラン・ドゥ・ムラン」というショップで
何年も前に購入しました。
元CAのご夫婦がやっている素敵なお店ですよ。

0 件のコメント: