2011年2月22日火曜日

ハーブ&ドロシー

先週土曜日、G TOKYOと同じタイミングで
六本木ヒルズで開催されていたイベント
NEW TOKYO CONTEMPORARIES
次世代を担う、現代アートの若手ギャラリーが中心となって
トークイベントなどを実施していました。

そこで、ハーブ&ドロシーの監督、佐々木芽生さんのトークを
聞くことができました。
昨年、公開後すぐに見に行きましたが、
年が明け、今なおロングラン上映中@渋谷シアター・イメージフォーラム
NHKの朝のニュースでも取り上げられるなど
話題となっています。



佐々木監督は
「日本で現代アートを取り扱った映画なんてウケるわけがない」
と散々云われたそうですが、それを大いに裏切ったこの現実!
アートを楽しみ、アートと暮らすことの豊かさが、
じんわり浸透してきている気がします。
アートに興味のない方でも、夫婦のあり方、人生の楽しみ方などを考えさせられる
とても心温まる映画ですよ。

0 件のコメント: